読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle版のロンリー・プラネットは章ごとに買える

初めての海外旅行はデルタ航空のパスで合衆国を周遊する旅だった。この旅行に行くきっかけになった先輩を真似て「地球の歩き方」を持参したのだけれど、滞在する町ごとのページは多くても数十ページだったので、持ち歩きやすい軽さにするためにナイフで何冊かに切り分けることになった。

それから30年近く経った今日、旅行ガイドをあれこれ物色していくうちにロンリー・プラネットのKindle版にいきつき、章ごと購入できる仕組みになっていることを知った。例えば「Eastern USA travel guidebook」は以下のように分かれている。

  • Plan your trip
  • New York, New Jersey & Pennsylvania
  • New England
  • Washington, DC & the Capital Region
  • The South
  • Florida
  • Great Lakes
  • Understand Eastern USA & Survival Guide

まとめて買うと17.49ドル、1章だけなら4.95ドル。4章買うなら全部買うべしなシステム。プレビューを見る限り、The Southにはバージニアより南、フロリダより北、ミシシッピ川より東が含まれている模様。1800円+税の「地球の歩き方・アメリカ南部編」とほぼ同じ地域。

他に「Florida & the South's Best Trips Travel Guide」というのもあり、こちらの章立ては以下のとおり。

  • Plan your trip
  • Florida
  • The Carolinas
  • Georgia & Alabama
  • Mississippi, Louisiana & Arkansas
  • Tennessee & Kentucky

僕の旅程からすると非常に残念な章分け。TennesseeとGeorgiaとSouth Carolinaだと3章にまたがってしまう。

旅先でネットを使えるようになった今日、旅行ガイドブックを使うことは減ったのではあるけれど、名所や見どころをざっと眺められるインタフェースと、困ったときにぱっと見られる利便性はまだまだ捨てがたい。安くはないし荷物にもなるけれど、保険としての価値はそれを補って余りある。

世界中どこにいってもネットが繋がれば手に入れられるという点でKindle版の意義は大きいんじゃないかと。旅先で「地球の歩き方」をなくす心配をしなくてよくなるってすごいことだと思う。なので、ぜひ「歩き方」もKindle化してほしい。ついでに章ごとに買えるようにも。