読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iTunesで「セインツ」(Ain't Them Bodies Saints)。以下、この映画について書くので注意。

ルーニー演じる主人公の強さ。本当は強くなくて、愚かなのかもしれないけれど、子供を産んで育てちゃってることをもって、これは正しい。単純な正義感とか、勧善懲悪とか、因果応報とか、わかりやすいつくりにしない映画だと思って観たが、子供を育てる母親像を中心のすえると映画の感触は結構変わるかもしれない。

その辺は「キャロル」と似てると言えなくもない。ルーニーものだ。