読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子書籍を章ごとにシャッフル

Kindleのおかげで複数の本を持って出かけられるようになった。外出先でも好きな本を読み返せるのがありがたいと思っていたが、複数の本を章ごとにつまんで読むのがとても楽しいことに気づいた。

今のところは区切りのよいところで本を選択しなおして別の本に移動している。移動先の本は前回読み終えたところになっていて、その続きを読む。「ここを読みたい!」という強い意思があるときはそれに従えばよいのだけれど、何となく何か読みたい、というときにはこの方法が結構気持ちいい。

しかし、できることならば音楽プレイヤーのように次に読む章をランダムに繰り出してくれるとうれしい。好きな章を重点的に選んでくれたり、この章の次はこの章がグッとくるでしょう、とサジェストしてくれたりすると言うことなし。