読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりの恋人、新鮮な感慨

先日、ちょっと煮詰まり気味だったときに、気分転換になるかもと思ってガムを噛んでみた。ロッテのクールミントガム。100円。8枚くらい入ってたと思う。気分転換と思ったというのはウソで、噛むと頭が良くなるみたいな話にすがるような気持ちだった。煮詰まりから脱出できるならガムは安い(事情はどうあれ、そもそもガムは安い)。

煮詰まりの大きな原因は何とかクリアしたが、ガムのおかげというわけでもない。少しは助けてもらったかもしれない。苦労は喉もと過ぎて忘れてしまい、反省しないからまた煮詰まる。煮詰まることなく生きたいとは思っているが、かなわないまま終わるのだろう。

その後にオフィスでコーヒーを入れる時間はないけど何かリフレッシュメントが欲しくなった。で、そういえばガムだよ、と。時間がないからコンビニには行くのは現実的ではないけど、そうだオフィスグリコがあるじゃん。

ロッテのガムがオフィスグリコにあるわけもなく。もしかしたらあるのかもだけど、細かく探す気にはならず。とりあえず昼休みまで乗り切った。乗り切る、というのはいささか大げさ。ガムがあったらいいのにな、と少しだけ思っておしまい。

ガムをサクッと手配できない自分、ガムに不慣れな自分が面白かった。ガムは学生のころとかにはよく噛んでいたけれど、もう20年くらいはすっかりガム離れ。それゆえ、ガムを噛みたいと思ったときに複数のポイントで自分がガムを噛むという行為に不慣れである状態を実感できる。これが存外に楽しい。

普通なら不慣れであるということは不便なことで、不便である故に困ることは多い。というか、不便とか不慣れはできればない方がよいことだ。でも、深刻な問題につながらないなら、不慣れは発見に満ちている。どうして不慣れなのか、不慣れだと何がおきて、慣れてる人はどうするのか。そんなことを考えるのは不思議な新鮮さがある。

当面はガムを切らさないように何かしらの手立てをしたり、ちょっとガムを噛みたくなったときにこうするとよい、みたいなTipsを見つけて喜んだり。そんなことは考えるけれど、実際には何もせず噛みたいときにガムがないのを繰り返して再びガムから離れるんじゃないか。

お口の恋人さんとの久しぶりの再会は、煮詰まりからの脱出に役立ったかどうかはともかく、小さいけれど意外な新鮮さを味わわせてくれた。こう書くとちょっといいことがあったような気になって得した気分。